【キャンプ】ワンポール(ティピー)テントをおすすめする3つ理由【初心者向き】

テント

テントはキャンプの必需品です。オーソドックスなドーム型テントに飽きてきたら、ぜひワンポールテントを使って見てください。

(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡Riki(@rikiblog1207a)です。

今回は、少しキャンプに慣れてきて新しいテントを探しているあなたに、おすすめテントを紹介していきます。もちろんキャンプ初心者さんでも、注意点や設営方法も紹介していますので、全く問題ありません。ぜひ、参考にしてみてください。

ワンポールテントとは?

簡単に言うと、1本のポールで設営する三角形のシンプルな構造のテントです。

ワンポールテントは、その見た目のかわいらしさから

憧れている人も多いテントなんですよ。

ワンポールテントはキャンプ場で存在感が抜群です!!そして、キャンプを楽しむ気持ちを盛り上げてくれるテントです。

ワンポールテントの由来

アメリカインディアンの「ティピー型テント」やモンゴルの遊牧民の「ゲル」をモチーフにデザインされたといわれています。

なぜ、ワンポールテントをおすすめするのか?

結論は厳選して3つあります。

・ 設営が簡単

・ 個性が出せる

・ 4シーズン使える

それぞれ簡単に解説しておきますので

テントを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

設営が簡単

初めにも言いましたが、1本のポールで設営できるシンプルな構造です。ただ、慣れるまでコツがいります。慣れてしまえば、本当に設営が簡単で収納時も、すごくコンパクトなのでおすすめです。

個性が出せる

オーソドックスなドーム型テントと違い、形が特徴的なのでキャンプ場でもかぶることが少なく、テントで個性が出しやすいです。また、慣れてくればいろいろなアレンジもできるので、さらに個性を出すことができます。

4シーズン使える

一番の押しポイントが「春夏秋冬」使えるところです。きちんとペグダウンをすれば快適に一年間使用できます。

また、冬はあまりキャンプをしないと思いますが、薪ストーブを使うことができるので、冬でも快適に過ごすことができます。

ただ、キャンプに慣れていない人がワンポールテントを選ぶには、ちょっと難しいポイントがあります。なので、ワンポールテントの特徴を理解し納得して、ワンポールテントを選ぶようにしましょう。

ワンポールテント設営の注意点は2つ

設営場所は砂地、斜面、石が多いところはNG

ワンポールテントは、地面とのしっかり固定しなくてはいけません。なので、テントを設置する場所選びが大切です。

テントが傷まないように、石や岩の少ない場所を選んでください。

また、傾斜のきつい場所や砂地では、地面との固定が均等にできません

なので、上手くテントを設営することができません。しっかり設営ができないと、テントが崩れたりする危険があるので、設営場所は十分気を付けるようにしましょう。

設営した後のレイアウト変更が難しいので、しっかりとイメージしてテントの配置を決めてから設営に入って下さい。

ワンポールテントはペグ命

場所が決まったら、設営です。ワンポールテントの設営はペグ命です。

みなさんペグにも種類があることをご存知ですか?

ほとんどの場合テントを購入したときにペグがセットで含まれています。ですが、正直強度が少し頼りないです。

地面が硬くペグが打てない!

なんてことになったらテントも張ることができません。

 強度の高いペグを用意し、なくしてしまうこともあるので、予備のペグを準備しておくことをオススメします。




ワンポールテントの設営方法(動画解説)

一般的なワンポールテントの設営方法を紹介しておきます。

購入前に設営方法をチェックしておいてくださいね。

どうでしたか?

コンパクトだし思ったより簡単だったでしょ!!

おすすめのワンポールテント

最後に、厳選したおすすめワンポールテントを「ソロ、ファミリー向き」に分けて紹介しておきます。ぜひ参考にしてみてください。

ソロ向きおすすめワンポールテント






ファミリー向きおすすめワンポールテント






まとめ

最初は難しいポイントも、慣れてしまえば簡単です。ワンポールテントは、ポールの本数も少なく、設営が本当に簡単でコンパクトなテントです。お気に入りのワンポールテントを見つけて、いろんな場所へ大切な人とキャンプへ出かけて、最高の思い出をたくさん作っちゃいましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました