【キャンプデビュー 】激安で揃える必要最低限のキャンプ道具6選【 初心者向け 】

テント

キャンプしてみたいけどキャンプ道具高くない?

全部揃えないとキャンプできないの?

こんな疑問を解決するお手伝いをします。

こんにちは Rikiです。@rikiblog1207a

Riki、お前何者や!?

 

 

私は趣味でファミリーキャンプ・アウトドアを楽しんでいる30代ガス屋です。なんなら、あなたと同じ素人です。

そんなことより、キャンプ道具っていちいち高いですよね?実際、そんな頻繁にキャンプしない人には、高い道具なんて必要ありません。

これは、実際に私が安いものでキャンプを楽しんでいるので保証します。そもそも私たちはプロの登山家でもキャンパーでもないので、本格的な道具ばかり必要ないんです。自然を満喫し楽しい思い出が作れればいいんです。

ということで、今回はファミリーキャンプ初心者向けに激安キャンプ道具を紹介します。まだ、なにも道具を持っていない人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コロナで人混みがだめなら、野遊びでリフレッシュしませんか?家ばかりだと大人も子供もストレスがたまりますよ!!

キャンプ初心者はデイキャンプから始めよう

デイキャンプとは日中の明るい時間にするキャンプのことです。なぜ、デイキャンプをおすすめするのかと言うと、道具が少なくて済むのでコスパが良いからです。

道具が少ないってなにがいるの?

本当にコスパいいの?

なかなか疑い深いですね。そんなあなたのために必要な道具を紹介していいますね。もちろんデイキャンプで揃えた道具は宿泊キャンプの時にも使えます。これだけでもコスパはいいと思いますよ。そして、デイキャンプで揃える道具はたったの6つだけなんです。

デイキャンプ道具はこれだっ!!

1 テーブル
 2 クッカー
3アウトドアチェア
 4 シングルバーナー
5焚火台(BBQコンロ)
6ポップアップテントorタープテント

この6つを揃えれば、いつでもデイキャンプを始めることができます。

なんでその道具が必要なの?

思っていたより多いな!!

もっと少ないとだめなの?

あなたにとって必要ないと思うものは揃える必要ありません。ただ、あると間違いなく便利なアイテムだけを紹介しています。

それぞれの用途を簡単に説明しておきますので、必要かどうか確認してみてください。

テーブル

食事や調理をするときに必要です。

 

クッカー

クッカーとはキャンプで使う調理器具のことです。なぜ必要なのかと言うと、自宅にある物でも全然いいんですが、薪や炭を使って調理をするとススまみれになってしまいます。

普段使っているものなので嫌ですよね?なので、クッカーは持っておくべきです。また、クッカーはセットのものがおすすめです。

その理由は、別々にフライパンなどを購入していくと重ねることができないことが多く、キャンプをするときにかさ張り邪魔になるからです。

アウトドアチェア

テーブル同様食事のときにあると便利です。また休憩するときにも無くてはならないアイテムですね。

 

シングルバーナー

簡単に説明すると、カセットコンロのアウトドアバージョンのことです。キャンプと言えばBBQと思いがちですが、火起こしや片付けが、なにげ大変なんです。

スイッチひとつで簡単に使えるので、キャンプ初心者やファミリーキャンプには特におすすめです。

 

焚火台(BBQコンロ)

BBQは特別なので子供たちが大喜びします。またキャンプ、アウトドア感が一気に増します。そして、炎に癒されることができます。

 

ポップアップテントorタープテント

どちらも休憩所や目隠しになるのでおすすめです。また、テントがあるだけでキャンプ感がでるので、これも子供たちはすごく喜びます。

 

それぞれのおすすめはこれだっ!!

テーブル



おすすめテーブル一覧

クッカー




おすすめクッカー一覧

アウトドアチェア

シングルバーナー



おすすめシングルバーナー一覧

焚火台(BBQコンロ)




おすすめBBQコンロ一覧

ポップアップテントorタープテント




おすすめポップアップテント一覧



おすすめタープテント一覧

ファミリーキャンプおすすめアイテム

野遊びには虫はつきものですが、鉢などに刺されてアナフィラキシーショックを起こしてもいけないので、しっかり対策しておきましょう。また、子供さんが退屈しないように、自然で遊べるものも持って行くようにしましょう。

・ 虫よけスプレー(季節に合わせて)

・ 毛布、うちわ(季節に合わせて)

・ 植物図鑑、昆虫図鑑、魚図鑑

・ 虫捕りあみ、虫かご

・ ボール、シャボン玉

・ 着替え、タオル

宿泊キャンプに挑戦

デイキャンプに慣れたら次はキャンプ場でテントに泊まってみよう!!絶対子供たちはいつもと違う環境に大喜び間違いなしですよ。もちろん大人も満天の星空に虫の声、焚火で美味しいご飯・お酒、最高の癒しを満喫できること間違いなしです。

 

宿泊キャンプに必要な物はデイキャンプで揃えた物プラス4つ

デイキャンプから始めることで、宿泊キャンプで揃える物はたったの4つで済みます。その4つと理由を、これから紹介していきますので宿泊キャンプも考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

寝袋

普段使っている布団を持って行くのが面倒じゃない人は必要ありません。ですが、寝袋はコンパクトな上に一度買ってしまうと、そうそう買え返る必要が無いのでこの機会に購入することをオススメします。

また購入する際のポイントは、快適温度がより低い物を選びましょう。そうすることで、冬は無理でも春から秋までキャンプを楽しむことができます。そもそも子連れキャンプを冬にする人は、なかなかいないので春から秋まで使える物で十分です。

 

テント

せっかくデイキャンプで揃えてもらいましたが、ポップアップテントorタープテントでは宿泊キャンプができません。なので、宿泊できるタイプのテントをこの機会に購入して見てはいかがでしょう。

その際のポイントは、使用人数より少し大きいテントを選ぶことです。例えば大人2人と子供2人の場合は5人から6人がおすすめです。

また、耐水圧が高い物(2000以上)、煙突を出せる穴がある物にしておくと、急な雨でも冬でも安心して泊まることができますよ。

 

マット

地面は想像以上に難く冷たいです。快適な睡眠を取るためにも厚手のマットを使いましょう。

 

ランタン

夜は当然真っ暗です。なので、調理をする時に必ず必要になります。また、トイレに行くときやテント内でも使えるので、絶対に持っておいてください。

ランタンを選ぶ際のポイントは、調理で困らないくらいの明るさ、明るさ調整ができる物がおすすめです。なぜなら、テント内で使うときに明るすぎると、影でなにをしているのか分かるからです。初心者はついつい明るさを求めてしまいますが、明るすぎると他のキャンパーの迷惑にもなるので気を付けましょう。

宿泊キャンプにおすすめの道具はこれだっ!!

上記と被っている物もありますが、とにかくオススメです。

 

寝袋



 

テント



マット




 

ランタン




初めてのファミリーキャンプで気を付けること

初めてのファミリーキャンプで気を付けることは1つだけです。

 

自宅から近くのキャンプ場ですることです。
理由は以下の3つです。
・ 忘れ物を絶対する
・ 急に体調を崩すこともある
・ 急な悪天候になることもある
ということで、万が一に備えてデイキャンプも宿泊キャンプも、初めは近くでするようにしましょう。

 まとめ

今回はデイキャンプについて、いろいろとご紹介していきましたが記事全体をまとめてみます。

 

■ デイキャンプ道具はこれだっ!!

1 テーブル
2 クッカー
3アウトドアチェア
4 シングルバーナー
5焚火台(BBQコンロ)
6ポップアップテントorタープテント

 

■ ファミリーキャンプおすすめアイテム

・ 虫よけスプレー(季節に合わせて)

・ 毛布、うちわ(季節に合わせて)

・ 植物図鑑、昆虫図鑑、魚図鑑

・ 虫捕りあみ、虫かご

・ ボール、シャボン玉

・ 着替え、タオル

 

■ 初めてのファミリーキャンプで気を付けること

・自宅から近くのキャンプ場ですること

 

上記のことを踏まえてキャンプをすることで

素人でも楽しくキャンプをすることが出来ます!!是非参考にしてくださいね(^^♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました