【簡単】BBQで失敗しない調理方法は2つ【初心者向き】

BBQ

4月も中旬になり、とても過ごしやすい季節になりました。天気のいい日には、BBQを楽しんでいる人も、よく見かけるようになった気がします。

みなさんはBBQで上手に食材を調理できていますか?

私は、よく食材を焦がしてしまい苦いお肉や野菜を食べていました。意外と私のような失敗をする人は多いんじゃないでしょうか?

 

(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡ Riki(@rikiblog1207a)です。

ということで、今回はあなただけにBBQで上手に食材を調理する方法を2つ伝授します。よくお肉や野菜を焦がして失敗している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

この記事はこんな人におすすめ

・ いつも失敗している人
・ おいしい食事をしたい人
・ 近いうちBBQをしようと考えている人

 

結論を先に言ってしまうと・・・

・ 鉄板を使おう
・ BBQ(炭火)は火力のコントロールが大事

実は、たったこれだなんです。でも、これだけではよく分からないと思いますので、初心者でもわかるよう簡単に解説していきます。

 

鉄板を使おう!!

みなさんBBQと言えば、焼き網を使いますよね?

火力をコントロールできる人なら焼き網でも全然かまいません。でも、意外とみなさん炭火の火加減について知らないと思います。

なので、最も簡単な方法は鉄板を使うことなんです。

これだと初心者でも、お肉を今までのように焦がすことが無くなりますので、ぜひ試してみてください。

おすすめの焼き網と鉄板

焼き網も鉄板も使用人数に合わせて選ぶようにしましょう。今回はファミリー向きに選んでみたので、ぜひ参考にしてみてください。

・ 焼き網

100円ショップで十分です。

 

・ 鉄板





BBQ(炭火)は火力のコントロールが大事

まず、こちらをご覧ください。

ご覧になりましたか?

めんどくさいので見てない、という人のために簡単にまとめておきますね。

 

炭の配置による火力のコントロール

どんなBBQコンロでも炭を置く場所は半分だけにしましょう。なぜ、そうするのかと言うと、くどいようですが火力をコントロールするためです。BBQコンロ全体に炭を配置してしまうと、火力がコントロールできないので、絶対に半分だけ置くようにしてくださいね。

 

・ 炭側から強火、中火、弱火
・ 食材を調理するときは強火、中火
・ 焼けたものを保温しておくところが炭の無い端っこになります。

まとめ

BBQは少し工夫するだけで、簡単においしく調理することが可能になります。火力をコントロールするのが難しいという人は、鉄板をぜひ試してみてくださいね。

コロナの影響で自粛ムード、ストレスも溜まっていると思いますので、人気の少ないところで家族でBBQをして楽しんではいかがでしょう?きっといい気分転換になりますよ。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました